産経WEST

1円パチンコ玉を4円コーナーで使おうと…店外に持ち出した消防司令を懲戒処分 和歌山

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


1円パチンコ玉を4円コーナーで使おうと…店外に持ち出した消防司令を懲戒処分 和歌山

 パチンコ店からパチンコ玉を店外に持ち出し、窃盗容疑で書類送検されたなどとして、和歌山県橋本市消防本部は10日付で総務課付主幹の男性消防司令(53)を減給10分の1(3カ月)の懲戒処分にした。1個1円のパチンコ玉を後日に4円のコーナーでも使おうとしたらしく、消防司令は「市民の役に立てるよう、一からやり直したい」と反省しているという。

 同本部によると、橋本消防署主幹で当直責任者だった消防司令は休日の3月14日夕、同市内のパチンコ店で遊んだ後、パチンコ玉約100個(約100円相当)を着衣のポケットに入れて店外に持ち出したところを店員が発見。通報で駆けつけた橋本署員の取り調べを受けた。同署は消防司令を窃盗容疑で和歌山地検に書類送検したが、不起訴処分になった。

 パチンコ店内は1個1円と4円の玉で遊べるコーナーが別々にあり、消防司令は1円の玉を後日に4円のコーナーで使おうと持ち出したらしい。消防司令は昨年9月頃から複数回にわたって同様の行為を繰り返していたと認めており、同本部は信用失墜行為の禁止に抵触するなどとして懲戒処分にした。

「産経WEST」のランキング