産経WEST

元タイガース選手が首脳陣、野球独立リーグ・滋賀ユナイテッド開幕戦、雨中の激闘も黒星発進

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


元タイガース選手が首脳陣、野球独立リーグ・滋賀ユナイテッド開幕戦、雨中の激闘も黒星発進

五回裏、滋賀は前本が(右)が返り、一時は4-1とリードしたが、逆転で敗れた=8日、大津市 五回裏、滋賀は前本が(右)が返り、一時は4-1とリードしたが、逆転で敗れた=8日、大津市

 野球独立リーグ「BCリーグ」に今季から加盟した「滋賀ユナイテッドベースボールクラブ」(滋賀県草津市)の開幕戦が8日、大津市御陵町の皇子山球場で行われた。福井ミラクルエレファンツに7-4で逆転負けを喫したが、雨の中駆けつけたファンからは大声援と拍手が送られた。次戦は9日、富山市で富山GRNサンダーバーズと対戦する。

 滋賀ユナイテッドは、日本独立リーグ野球機構(IPBL)傘下で初の関西のチーム。元阪神の上園啓史氏を監督に、桜井広大氏をコーチにそれぞれ招聘したこともあって注目を集め、この日は2253人のファンが詰めかけた。

 オープニングセレモニーでは、三日月大造知事が「夢を追いかけ、プロ野球や大リーグに参戦できる選手が出るよう応援していきたい」とあいさつした。

 試合は0-1で迎えた三回、モスキートらの連打で一挙3点をとり逆転。五回にも1点を加え4-1とした。しかし1失点に抑えていた先発・鈴木が六回に失点して降板すると、リリーフも崩れ、この回だけで6失点。結局、7-4で黒星発進となった。

 試合が一時中断されるなどコンディションが悪い中、多くのファンが最後まで声援を送った。試合後には、選手らが並んで観客を見送り、サインや記念撮影にも快く応じていた。

 応援していた同県守山市の会社員、庄司雅己さん(35)は「負けたが、みんな一生懸命やっていた。プロ野球(NPB)にいた選手も、将来がある若手選手も見ることができる。地元に球団があるのはうれしい」と笑顔で話していた。

「産経WEST」のランキング