産経WEST

誰の骨なのか 霊園に身元不明の遺骨遺棄か 京都

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


誰の骨なのか 霊園に身元不明の遺骨遺棄か 京都

 8日午前10時40分ごろ、京都市東山区の霊園の分骨場で、所有者不明の骨つぼが置かれているのを男性職員が見つけた。火葬後の人骨とみられるものが入っており、京都府警東山署は何者かが納骨できずに遺棄した可能性もあるとみて遺骨遺棄容疑で調べている。

 同署によると、骨つぼには記名がなく、数時間経っても所有者が現れないことから、霊園を所有する寺院の男性僧侶が同署に届け出た。

 骨つぼは白い陶器製(直径、高さともに約15センチ)。木箱に入れられ白い風呂敷でくるんだ状態で、分骨台下段の荷物を置くための棚に置かれていた。

「産経WEST」のランキング