産経WEST

追手門学院大の履修登録システムにアクセス集中…学生の履修登録一時できず 大学側「履修漏れない」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


追手門学院大の履修登録システムにアクセス集中…学生の履修登録一時できず 大学側「履修漏れない」

 追手門学院大(大阪府茨木市)で授業の履修登録システムに学生のアクセスが集中し、一時登録できなくなるトラブルがあったことが6日、分かった。同大は登録の締め切りを延長したため履修漏れはないといい、「再発防止に努めたい」としている。

 同大によると、パソコンなどで閲覧できる同システムで3月30日~4月3日、全学生約7千人分の履修登録を受け付けていたが、アクセスが集中して3日朝から閲覧できなくなった。同大は締め切りを4日未明まで延長し、全学生の登録を受け付けたという。

 授業を登録できなかったと主張する一部学生が、大学側に抗議したりインターネット上に書き込んだりして騒動が広がったが、同大は「定員を超えた授業は抽選になるため、一部授業に登録できないことはあり得る」と説明。定員に満たない授業は7日まで追加募集しているが、職員が直接受け付ける方式に変更した。

「産経WEST」のランキング