産経WEST

子供の居場所、スマホで確認 普及目指し新1年生の利用が無料に 兵庫・伊丹市

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


子供の居場所、スマホで確認 普及目指し新1年生の利用が無料に 兵庫・伊丹市

 兵庫県伊丹市は子供の位置情報を保護者にメールなどで知らせるサービスを普及させようと、小学校の新1年生を対象に利用料を平成30年3月までの1年間無料にするキャンペーンを始めた。

 市は28年3月、小学生らを対象に位置情報を保護者に通知する「まちなかミマモルメ」を開始。利用者にはランドセルなどに付けられる小型の送信機を配り、市内の防犯カメラ1千台に取り付けられた受信機の近くを通ると、保護者にメールやスマートフォンのアプリを通じて情報が通知される仕組みだ。

 利用には初期費用2572円と月額432円(年一括払いの場合)が必要だが、キャンペーンでは新1年生を対象に、30年3月分までが無料になる。市とサービスを提供する阪神電鉄が負担する。

 「まちなかミマモルメ」は認知症の高齢者ら向けにも情報を提供しており、28年度から利用料を全額補助している認知症高齢者と徘徊(はいかい)などのため行方不明になる恐れがある障害者の利用料も、30年3月まで無料になる。

「産経WEST」のランキング