産経WEST

460年で初めて女性入門 宝蔵院流槍術 「断る理由ない」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


460年で初めて女性入門 宝蔵院流槍術 「断る理由ない」

初めて女性が加わった宝蔵院流槍術の教室=奈良市のならでん武道場 初めて女性が加わった宝蔵院流槍術の教室=奈良市のならでん武道場

 奈良で発祥し460年の歴史があるという宝蔵院流槍術の教室が1日、奈良市のならでん武道場で行われ、初めて女性入門者が加わった。

 奈良宝蔵院流槍術保存会によると、興福寺(奈良市)の僧、胤栄が武芸を修行に取り入れたことから始まったとされる。長さ約2・7メートル、重さ2キロで、十文字形の穂先が特徴的な「鎌槍」を振るう。

 これまで入門者は男性のみという伝統が続いていたが、女性を受け入れない明確な規則はなく、同会でも「女性を断る理由はない」という声があがった。このため今月の教室から女性も募ったところ、新たに男性5人のほかに女性3人が入門した。

 この日の教室には男性5人と女性2人が参加。着座などの礼儀作法を学んだ後、鎌槍の構え方や歩き方を真剣なまなざしで教わっていた。

 初めての女性入門者となった奈良市の薬局事務、山口はるなさん(28)は「いずれは演武できるようになりたい」、京都市の主婦、鈴木やす子さん(47)は「構えが安定せずに槍が揺れてしまう。これから頑張っていきたい」と話した。

このニュースの写真

  • 460年で初めて女性入門 宝蔵院流槍術 「断る理由ない」

「産経WEST」のランキング