産経WEST

高浜原発再稼働へ、関電の抗告認める 大阪高裁、運転差し止め取り消し

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


高浜原発再稼働へ、関電の抗告認める 大阪高裁、運転差し止め取り消し

関西電力高浜原発の3号機(手前右)、4号機(手前左)、奥は1号機(奥右)と2号機(同左)=福井県高浜町 関西電力高浜原発の3号機(手前右)、4号機(手前左)、奥は1号機(奥右)と2号機(同左)=福井県高浜町

 関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の運転差し止めを命じた昨年3月の大津地裁の仮処分決定をめぐり、大阪高裁(山下郁夫裁判長)は28日、関電の抗告を認め、仮処分を取り消す決定をした。2基の運転が再び法的に可能となる。山下裁判長は原子力規制委員会が定めた新規制基準について「東京電力福島第1原発事故の教訓を踏まえて最新の科学的・技術的知見に基づいて策定されており、不合理とはいえない」と判断した。新基準に基づく安全審査にも問題はないと結論づけた。

 関電の岩根茂樹社長は「再稼働に向け安全最優先で準備を進める」と述べた。関電は1月に発生した高浜原発でのクレーン倒壊事故を踏まえた安全点検が終了次第、地元同意を経て再稼働の手続きに入る見通し。運転差し止めを求めた住民側は、特別抗告など最高裁の判断を仰ぐことは「考えていない」とし、高裁決定が確定する見通し。

続きを読む

「産経WEST」のランキング