産経WEST

高浜原発再稼働へ、関電の抗告認める 大阪高裁、運転差し止め取り消し

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


高浜原発再稼働へ、関電の抗告認める 大阪高裁、運転差し止め取り消し

関西電力高浜原発の3号機(手前右)、4号機(手前左)、奥は1号機(奥右)と2号機(同左)=福井県高浜町 関西電力高浜原発の3号機(手前右)、4号機(手前左)、奥は1号機(奥右)と2号機(同左)=福井県高浜町

 関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)の運転差し止めをめぐる保全抗告審で、大阪高裁(山下郁夫裁判長)は28日、差し止めを命じた昨年3月の大津地裁の仮処分決定を取り消し、運転を認める決定をした。抗告審の決定もただちに効力が生じるため、関電は早期に再稼働の手続きに入るとみられる。差し止めを求めていた滋賀県の住民側は特別抗告などを申し立てて、最高裁の判断を仰ぐかどうか検討する。

 大津地裁決定は「東京電力福島第1原発事故の原因究明はいまだ道半ばで、津波をその主原因としていいのかも不明だ」と指摘。そうした状況下で策定された新規制基準について「公共の安寧の基礎になると考えることを、ためらわざるを得ない」と疑念を呈した。さらに現在想定されている過酷事故対策や耐震性能などにも危惧すべき点があるとし、「関電は安全が確保されているか、説明を尽くしていない」と批判した。

続きを読む

「産経WEST」のランキング