産経WEST

レジオネラ感染の男性死亡 広島の「みはらし温泉」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


レジオネラ感染の男性死亡 広島の「みはらし温泉」

 広島県は25日、同県三原市の入浴施設「みはらし温泉」を利用した県東部在住の50代の男性がレジオネラ菌に感染し、死亡したと発表した。

 県によると、男性は3月上旬、施設を利用後、発熱や呼吸困難、肺炎などの症状を訴え、入院していた。施設では18日以降、県内外から利用した30~80代の40人の患者が確認され、死亡した男性以外にも37人が入院中。施設は21日から営業を自粛している。

 国立感染症研究所によると、温泉や入浴施設のレジオネラ症感染の死亡は、平成12年3月に静岡県の温泉で2例、同年6月に茨城県の入浴施設で3例、14年7月に宮崎県の温泉で7例が確認されている。

「産経WEST」のランキング