産経WEST

覚醒剤使用の男性に無罪、令状届くまでに取り押さえは違法 尿の証拠能力認めず大阪地裁

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


覚醒剤使用の男性に無罪、令状届くまでに取り押さえは違法 尿の証拠能力認めず大阪地裁

 覚せい剤取締法違反(使用)の罪に問われた大阪府豊中市の男性(55)の判決で、大阪地裁(飯島健太郎裁判長)は24日、令状が届くまでに男性を取り押さえた行為が違法だとして、覚醒剤が検出された尿の証拠能力を認めず、無罪を言い渡した。検察側は懲役2年を求刑していた。

 男性は昨年6月、大阪市生野区の違法カジノ店で覚醒剤を使用したとして起訴された。

 飯島裁判長は、大阪府警の警察官が職務質問後、令状が届くまでの間に走りだした男性を押さえ付けた行為について「任意捜査の範囲を超えていた」と指摘。こうした行為から得られた尿には証拠能力がないと結論付けた。

 判決によると、男性は大阪市北区の路上で職務質問を受け、尿の任意提出を求められた。府警は強制採尿令状の発付手続きに入ったが、男性が病気を訴えたため、署員が救急車に同乗。令状はその後発付されたが、現場に届く前に男性が急に外に向かって走りだしたため、警察官は男性を投げ飛ばして押さえ付けた。 男性の弁護人は「妥当な判決だ。警察は真摯(しんし)に受け止めてほしい」と話した。府警は「指摘された点を踏まえ、今後の捜査に生かしたい」とコメントした。

「産経WEST」のランキング