産経WEST

【籠池泰典氏証人喚問】「私だけ悪者にされた」持論展開 “保守の同志”と徹底抗戦辞さず…恨み節連発も核心は触れず

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【籠池泰典氏証人喚問】
「私だけ悪者にされた」持論展開 “保守の同志”と徹底抗戦辞さず…恨み節連発も核心は触れず

参院予算委の証人喚問で、質問に答えるため挙手する籠池泰典氏=23日午前10時34分 参院予算委の証人喚問で、質問に答えるため挙手する籠池泰典氏=23日午前10時34分

 学校法人「森友学園」(大阪市)の小学校設置をめぐる問題で23日、ようやく実現した国会による学園側の籠池(かごいけ)泰典氏への証人喚問。虚偽証言は偽証罪に問われる恐れもある緊張感にも動じずに持論を展開し、「応援してくれていたと思った人が手のひらを返すように離れていった」「私だけが悪者にされた」と恨み節も。「真相解明を」と財務省幹部や松井一郎大阪府知事ら関係者の喚問も要求し、自民議員の質問にも反発するなど、かつての“同志”らとの徹底抗戦も辞さない構えを示した。

 午前10時の定刻2分前に参院第1委員会室の席についた籠池氏。濃紺のスーツに金のネクタイ姿で、胸には証人を示す緑のリボンをつけ、笑みを浮かべる余裕もみられた。

 参院予算委の山本一太委員長から本名の「籠池康博君ですか」と問われるとはっきりした口調で「はい。そうでございます」。偽証罪に問われる恐れなどの説明を受けると厳しい表情を浮かべ、「良心に従って真実を述べることを誓います」と宣誓する際は、言いよどむ場面もあった。

続きを読む

「産経WEST」のランキング