産経WEST

【衝撃事件の核心】飛田、松島…風俗店なのに警察が「掃討作戦」を実行しないワケ スカウトマンが語るウラ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
飛田、松島…風俗店なのに警察が「掃討作戦」を実行しないワケ スカウトマンが語るウラ

昔ながらの日本家屋が建ち並ぶ松島新地。あちこちで「そこのお兄さ~ん、いらっしゃーい」と「やり手婆」の声が飛ぶ=2月21日夜、大阪市西区 昔ながらの日本家屋が建ち並ぶ松島新地。あちこちで「そこのお兄さ~ん、いらっしゃーい」と「やり手婆」の声が飛ぶ=2月21日夜、大阪市西区

 飛田新地、松島新地といえば、聞いたことのある人も少なくないだろう。かつては華やかな遊郭だった赤線(公認の売春地帯)地域だ。今も日本有数の「ちょんの間」街、つまり風俗街である。客が店に金を支払い、女の子と本番行為を行う性風俗店が乱立するが、不思議なのはどの店も「料理店」として営業許可を出していること。菓子などを〝料理〟として提供し、「店員と客の自由恋愛」という体裁で売春が行われる。実態と明らかに異なる届け出なのに、なぜかほとんどの店舗が警察当局の摘発から逃れている印象が強い。当局は本気を出せばできそうな「掃討作戦」をなぜ実行しないのか。その背景を探った。(桑村朋)

「売春供述」が決め手

 「はい、そこのお兄さ~ん、いらっしゃ~い」

 大阪市西区の市営地下鉄中央線、阪神なんば線の九条駅からほど近くにある松島新地。市民が憩う商店街「ナインモール九条」を抜けると突如、昔ながらの日本を感じさせる建物が現れ、あちこちから「やり手婆」と呼ばれる客引きの高齢女性の声が聞こえる。こちらに向けて手招きし、中では化粧をした20~30代の女性が手を振って客を今か今かと待っていた。

 何とも異様な光景。地元の人たちが自転車に乗って普通に通り、地域に溶け込むようにたたずんでいるのも驚きだ。現在営業しているのは約90店舗。約160店舗を構える飛田新地(同市西成区)に次いで国内2番目の規模とみられるが、飛田より金額は比較的安く、愛好家も多い。そんな一大風俗エリアで先日、警察による店舗の摘発があった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 飛田、松島…風俗店なのに警察が「掃討作戦」を実行しないワケ スカウトマンが語るウラ
  • 飛田、松島…風俗店なのに警察が「掃討作戦」を実行しないワケ スカウトマンが語るウラ
  • 飛田、松島…風俗店なのに警察が「掃討作戦」を実行しないワケ スカウトマンが語るウラ

関連トピックス

「産経WEST」のランキング