産経WEST

【森友学園問題】何を語る籠池氏、23日に証人喚問 突然浮上の「首相100万円寄付」に「忖度」…

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【森友学園問題】
何を語る籠池氏、23日に証人喚問 突然浮上の「首相100万円寄付」に「忖度」…

今月9日、報道陣の質問に答える籠池泰典理事長=大阪府豊中市(前川純一郎撮影) 今月9日、報道陣の質問に答える籠池泰典理事長=大阪府豊中市(前川純一郎撮影)

 相次ぐ疑惑や謎にも明確に説明することなく再び沈黙を続ける学校法人「森友学園」(大阪市)の籠池(かごいけ)泰典氏に対する国会証人喚問が23日に迫る。元々の発端となった国有地取得問題や自らが突然“暴露”した安倍晋三首相側からの100万円寄付…。発言が偽証罪に問われる喚問だけに真偽が明らかになるのか、注目を集めている。

「首相寄付」の主張

 当事者の意見が真っ向から食い違うのが、首相の100万円寄付問題だ。

 籠池氏は、取材や10日の小学校設置認可取り下げ会見で、土地取得などに関し政治家への働きかけは「一切ない」と否定。安倍首相に関しても「何もしていただいたことはない」と繰り返していた。

 だが、16日に小学校建設予定地を視察に訪れた参院予算委員会のメンバーらに突然、首相の寄付金話を持ち出した。籠池氏は、平成27年9月に学園が運営する幼稚園で講演した昭恵夫人から、その場で「安倍晋三からです」と手渡されたと説明したという。

 学園側は、自ら作成した寄付金一覧で「森友学園」名義と記されているのが、安倍首相のものだとし、一度は郵便局で安倍晋三名義で入金しようとした伝票もあるとされるが、決定的な証拠は出てきていない。

続きを読む

関連トピックス

「産経WEST」のランキング