産経WEST

【和歌山小5殺害公判】中村桜洲被告に懲役25年求刑、検察側「厳しい非難加えること可能」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【和歌山小5殺害公判】
中村桜洲被告に懲役25年求刑、検察側「厳しい非難加えること可能」

 和歌山県紀の川市で平成27年2月、市立名手小5年、森田都史君=当時(11)=が刺殺された事件で、殺人などの罪に問われた中村桜洲被告(24)に対する裁判員裁判の論告求刑公判が21日、和歌山地裁(浅見健次郎裁判長)で開かれた。検察側は懲役25年を求刑し、結審した。判決は28日に言い渡される。

 中村被告は、事件当時に心神耗弱状態だったとされており、量刑が最大の争点。公判では、事件後に精神鑑定を行った鑑定医が、被告が統合失調症または妄想性障害を発症しているとした上で、「(刑事責任に)全く問えないということはない」と証言していた。

 検察側は論告で、被告が犯行後に血液が付着した凶器を洗い流したことなどから、「事件の発覚を遅らせようとするなど目的にかなった行動をとる力があった。厳しい非難を加えることは十分に可能」と主張。被害者参加制度に基づき、都史君の父親(69)が代理人弁護士を通じて「本来は極刑を望む」とした上で無期懲役を求める求刑意見を述べた。

 一方、弁護側は、妄想が犯行に影響していたと主張。「すべては被害妄想から始まった。治療やカセリングが必要」とし、情状酌量を求めた。

 起訴状によると、中村被告は同年2月5日午後4時15分ごろ、同市の空き地で、都史君の右胸を刃物で突き刺すなどして失血死させたとしている。

「産経WEST」のランキング