産経WEST

【センバツ】今大会の逸材は早実・清宮だけじゃない 甲子園に集う超高校級スラッガーに注目

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【センバツ】
今大会の逸材は早実・清宮だけじゃない 甲子園に集う超高校級スラッガーに注目

日大三のデカプリオ

 日大三(東京)の金成麗生(かなり・れお)(3年)も活躍が楽しみな大型野手だ。父が米国人で身長193センチは大会参加の選手の中で最も大きく、あだ名は「デカプリオ」。背筋力は300キロと超高校級のパワーを誇る。もともとは投手だったが、昨年夏に野手転向。昨秋の東京大会ではチーム最多の14打点をたたき出し、主軸にのし上がった。

 連覇を狙う智弁学園(奈良)の福元悠真(3年)の打撃能力も見逃せない。優勝した昨春の前回大会では4番を務め、2回戦の鹿児島実戦で2ランを放って力を示した。今回は俊足を生かして1番打者を担い、さらに主将としてチームを引っ張る。

 左打ちの外野手として今秋ドラフトの上位候補といわれる明徳義塾(高知)の西浦颯大(はやと)(3年)。昨夏大会の3回戦嘉手納戦で放った満塁弾が記憶に残る。広角にも打てる打撃力に加えて50メートル5・9秒の俊足に遠投110メートルの強肩、プロのスカウトからの注目度も高い。

 走攻守のバランスでは、宇部鴻城(山口)の嶋谷将平(3年)も秀でた存在だ。昨秋の中国大会では準決勝、決勝の2試合で8打数7安打、大会通算打率6割2分5厘と大暴れした。遊撃手として強肩に華麗なグラブさばきなど抜群の守備センスを誇る。

続きを読む

このニュースの写真

  • 今大会の逸材は早実・清宮だけじゃない 甲子園に集う超高校級スラッガーに注目
  • 今大会の逸材は早実・清宮だけじゃない 甲子園に集う超高校級スラッガーに注目
  • 今大会の逸材は早実・清宮だけじゃない 甲子園に集う超高校級スラッガーに注目
  • 今大会の逸材は早実・清宮だけじゃない 甲子園に集う超高校級スラッガーに注目

関連ニュース

「産経WEST」のランキング