産経WEST

【華麗なる宝塚】紅ゆずる、転機になった“スカピン”、初演時は毎日2時間怒られ「外すよ」と言われた…懐かしむ余裕なく今回も必死

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【華麗なる宝塚】
紅ゆずる、転機になった“スカピン”、初演時は毎日2時間怒られ「外すよ」と言われた…懐かしむ余裕なく今回も必死

宝塚歌劇団星組新トップの紅ゆずる=兵庫県宝塚市の宝塚歌劇団(南雲都撮影) 宝塚歌劇団星組新トップの紅ゆずる=兵庫県宝塚市の宝塚歌劇団(南雲都撮影)

 約9年の時を経て、自身のターニングポイントとなった大作が、本拠地のトップお披露目で巡ってきた。現在、兵庫・宝塚大劇場で上演中の星組公演「スカーレット・ピンパーネル」(潤色・演出、小池修一郎氏)。宝塚歌劇団の星組新トップ、紅(くれない)ゆずるは「不思議な気持ち。最初は懐かしがっていましたが、そんな場合じゃない。相変わらず必死です」と笑う。

 革命後の18世紀末フランスを舞台に、弾圧される貴族を国外へ逃す活動を行う英国貴族パーシーを軸に描く米国発のヒット作。宝塚版は2008年、安蘭(あらん)けい率いる星組で初演。当時入団7年目の紅は、“ラストチャンス”となる、その新人公演で初主演を果たした。必死で本役の安蘭の芝居を見た。が、その時、気付かなかったことを今、感じているという。

 「当時は、とうこ(安蘭)さんのマネをしていただけだった、役の動きや外した目線1つ1つに、感情や意味があると分かった」

 主人公のとらえ方も変わった。揺るがない正義感、という軸があることは大前提だが…。「でも正義感だけで(活動に)突き動かされたのではないんじゃないかと。(芝居も)それだけじゃ、面白くない」

 財力と時間に恵まれて、人として余裕があるゆえ、知力を尽くして“鮮やかに救助する”ことを楽しむ姿や、本音が見えないニヒルさも魅力の1つと考えた。「映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』のジョニー・デップのように、一癖あるエッセンスを入れたい」

続きを読む

このニュースの写真

  • 紅ゆずる、転機になった“スカピン”、初演時は毎日2時間怒られ「外すよ」と言われた…懐かしむ余裕なく今回も必死
  • 紅ゆずる、転機になった“スカピン”、初演時は毎日2時間怒られ「外すよ」と言われた…懐かしむ余裕なく今回も必死

「産経WEST」のランキング