産経WEST

【ビジネスの裏側】街から消えた「爆買い」どこに…増える中国企業の進出と越境EC 「100円グッズ」が倍以上の値段で

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【ビジネスの裏側】
街から消えた「爆買い」どこに…増える中国企業の進出と越境EC 「100円グッズ」が倍以上の値段で

大阪に進出して日本の100円ショップの商品を中国に輸出している三通国際物流の秦玉波取締役=大阪市西区 大阪に進出して日本の100円ショップの商品を中国に輸出している三通国際物流の秦玉波取締役=大阪市西区

 中国人を中心にした訪日外国人による「爆買い」が失速し、関西の流通関係者は頭を抱えている。一方で関西国際空港の利用者数は過去最高を更新するなど訪日外国人は増加基調。爆買いはどこに消えてしまったのか-。探ってみると、相変わらず高い日本製品の人気、そして爆買いに代わる新たなルートが見えてきた。(藤原直樹)

大阪は仕入れの最前線

 大阪市西区のオフィスビル。中国・大連を拠点に物流や小売業を手がける三通国際物流が2014年5月から事務所を構える。中国に送る日本の商品をじっくりと品定めするためだ。

 三通国際物流の目当ては日本の「100円ショップ」の商品。中国人観光客の間で100円ショップは有名で、大量にまとめ買いする光景も珍しくない。同社はこの商品を買い付けて輸出している。

 中国全土に13店舗を構える直営店で販売するほか、他の小売店への卸売りもしている。洗剤やシャンプー、キッチン用品が人気で、日本の2倍以上の価格を付けても飛ぶように売れるという。

 同社の秦玉波取締役は「中国では質のいい商品はとても高い。日本の100円ショップの商品は安価にもかかわらず質がいいからみんなほしがる」と話す。

 最近では日本を訪れた個人が持ち帰った商品をインターネットで販売する例もあり、秦氏は「競争がとても激しい。人気の高い商品をいかに早く中国に送れるかが鍵を握る」と話す。

 以前は日中間を行き来していたが、本格的に取り組むために日本での拠点設置を決意。その場所として訪日外国人の取り込みに成功した大阪を選んだ。秦氏は「観光客が何を買っているのかを見極めるのに大阪が最適だった」と振り返る。

 対日投資拡大を目指す日本貿易振興機構(ジェトロ)などが中国企業の日本進出を促していることもあって、三通国際物流のようなケースは急増している。

続きを読む

このニュースの写真

  • 街から消えた「爆買い」どこに…増える中国企業の進出と越境EC 「100円グッズ」が倍以上の値段で

関連トピックス

「産経WEST」のランキング