産経WEST

豪華客船、まるで「ひょっこりひょうたん島」 ななつ星と併用し五輪需要獲得

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


豪華客船、まるで「ひょっこりひょうたん島」 ななつ星と併用し五輪需要獲得

両備ホールディングスが計画する豪華客船の完成イメージ図(2015年当時) 両備ホールディングスが計画する豪華客船の完成イメージ図(2015年当時)

 両備ホールディングス(HD)=岡山市=は20日、JR九州の豪華寝台列車「ななつ星in九州」をデザインした水戸岡鋭治氏が設計する豪華客船の運航に関し、沖縄県を含む九州周辺ルートを検討していると明らかにした。「ななつ星」と併用した旅行需要を見込む。早ければ東京五輪・パラリンピックが開かれる2020年にも運航を始めたい考えだ。

 ルートは時期に応じて変更し、九州周辺のほか、日本一周や瀬戸内海クルーズ、日本から韓国の釜山や済州島への運航などを計画する。客船は8千~9千トン、長さを約120メートルとし、60の客室は全てを快適な滞在ができるスイートルームにする。船上に木々を生い茂らせ、人形劇「ひょっこりひょうたん島」の舞台である島のような外観を検討している。事業費は約80億円を見込み。日本一周の寄港先は広島や岡山、神戸、横浜、東京などで、料金は未定という。

このニュースの写真

  • 豪華客船、まるで「ひょっこりひょうたん島」 ななつ星と併用し五輪需要獲得

「産経WEST」のランキング