産経WEST

最大年8000円以上お得 ガスと電気セット 全面自由化

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


最大年8000円以上お得 ガスと電気セット 全面自由化

 昨年の電力に続き、4月から都市ガスも小売り全面自由化となり、家庭では電気、ガス両方で契約先を選べるようになる。関西では唯一のガス参入となった関西電力、それを迎え撃つ大阪ガスが、ともに電気、ガスのセット料金を割安に設定しており、年間8千円以上安くなるケースもある。

 ガス、電気の個別契約では電気は大ガス、ガスは関電が安いという「ねじれ現象」となるが、やはり割引率が高いのはセット購入。関電はセットで、ガス料金を大ガス現行料金比で最大約13%安とし「お客さまが迷わず選べる」(関電)割引率まで踏み込んだ。平均的な家庭モデルでは現在、年14万856円かかっている計算だが、ガスを関電にしてセットにすると、年8604円節約できる。

 大ガスでのセット契約は平均モデルで現行より年6636円安くなる。また、販売店200店、営業マン1300人という手厚い態勢を生かし、顧客サポートで関電との差別化を図る。

 ケイ・オプティコム、KDDIなど昨春、電気市場に新規参入した「新電力」も独自の料金体系を設定している。家庭で利用の通信会社などが新電力になっていれば、その会社と契約することで大手以上にお得で便利になる場合もある。

続きを読む

このニュースの写真

  • 最大年8000円以上お得 ガスと電気セット 全面自由化

「産経WEST」のランキング