産経WEST

「保護者からの要望断り切れなかった」定員外無許可保育 姫路のこども園が釈明

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「保護者からの要望断り切れなかった」定員外無許可保育 姫路のこども園が釈明

 なぜ「わんずまざー保育園」は、定員を超えて園児を受け入れていたのか。

 平成15年に認可外保育園として設立された同園。定員外の園児を受け入れたことについて、市の調査に対し、小幡育子園長は「認可外保育施設の頃の意識が抜けないまま、保護者からの要望を断り切れなかった」と説明した。

 また、定員外で受け入れた園児の利用料の用途については、「遊具などを充実させるために充てるつもりだった」と釈明したという。

 今回の不正発覚を受け、同園は、定員超過分の22人の受け入れを取りやめた。同市によると、認定こども園の認可が取り消されると、国などからの給付金の支給がなくなるが、認可外保育施設として、園児を受け入れることは可能という。

 市は「園の不正に気づくのが遅れたことを重く受け止め、二度と同じような問題が起きないよう、チェック体制の見直しを図りたい」としている。

「産経WEST」のランキング