産経WEST

40人分の給食で70人 定員外無許可保育 姫路の私立こども園、認定取り消しへ

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


40人分の給食で70人 定員外無許可保育 姫路の私立こども園、認定取り消しへ

 兵庫県姫路市は19日、同市内の私立認定こども園「わんずまざー保育園」(小幡育子園長)が、定員を超える園児を自治体に隠して受け入れていたとして、認定こども園法などに基づき、県が今月中に認定を取り消す方針であることを明らかにした。匿名の情報提供を基に、県と市が先月23日に特別監査を実施し、同園の不正が判明したという。

 同市によると、認定が取り消された場合、平成27年に国の「子ども・子育て支援新制度」が導入されて以降、全国初のケースとなる。

 同園は15年に認可外保育施設として設立され、27年度から私立認定こども園に移行。市への届け出定員は46人としていたが、定員のほか22人を市に無許可で保育していた。正規の利用料は、市が保護者の所得などに応じて決めるが、定員外の22人分については、独自の利用料を設定して直接契約し、1人当たり月額2万~4万円を受け取っていた。

 同園は約70人いる園児に対し、40人分程度の給食しか発注しておらず、この給食を全員で分け与えていたという。今のところ、園児の体調不良や虐待は確認されていないとしている。

続きを読む

「産経WEST」のランキング