産経WEST

【Jリーグ】神戸が開幕4連勝 強さの源は堅守、4試合で失点わずか1

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【Jリーグ】
神戸が開幕4連勝 強さの源は堅守、4試合で失点わずか1

 勢いに乗る神戸が18日の磐田戦を1-0で勝ち、クラブ記録を更新する開幕4連勝を飾った。

 前半は終始ボールをキープしながら、カウンター狙いで引いて守る相手に攻撃の糸口が見いだせなかった。しかし後半に入った直後、G大阪から加入した大森が右足で2戦連続のゴールを決め、主導権をつかんだ。藤田のシュートがゴール前の渡辺に当たってこぼれ、これを慌てずにコースを見定めて右足を振った。

 「自信を持ってやっているし、相手にやられる気がしない」と大森が言うように、チームは波に乗っている。ホームでは昨季第2ステージから数えて10試合連続で負けなし。主将の渡辺は「負けていないことが自信になる。これからも簡単には負けない雰囲気を作っていきたい」と意欲満々だ。

 チームの強さの源は、ネルシーニョ監督がこだわる「堅守」。この日は磐田のゲームメーカー中村俊にも満足に仕事をさせなかった。中村俊がボールを持つとウエスクレイやニウトン、藤田らが素早く囲んでボールを奪い、持ち味のパスを封殺。FKやCK以外の役割をほとんど与えなかった。

 DF陣も相手アタッカーに厳しく張り付いて中央へのクロスを上げさせない。指揮官は「ボールを渡しても、カウンターをさせないように落ち着いた対応ができている」と守備の完成度にうなづいた。

 4試合で失点はわずかに1。「チーム全体で相手を分析し、正しいポジションをとって攻撃を防げている」と渡部。開幕ダッシュの手応えは本物だ。(上阪正人)

「産経WEST」のランキング