産経WEST

元中日エースの川上憲伸投手が現役引退へ 大リーグでも活躍

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


元中日エースの川上憲伸投手が現役引退へ 大リーグでも活躍

中日時代の川上憲伸投手 中日時代の川上憲伸投手

 プロ野球の中日でエースを務め、米大リーグのブレーブスにも所属した川上憲伸投手(41)が現役を引退することが19日、分かった。平成27年に中日を退団した後は無所属だった。同年9月に右肩を手術。その後はプロ野球復帰を目指してリハビリとトレーニングを積んできたが、かなわなかった。

 川上投手は徳島商高から明大を経てドラフト1位で平成10年に中日入り。16年は17勝で最多勝に輝き、リーグ優勝に貢献。沢村賞と最優秀選手(MVP)も受賞した。20年オフにフリーエージェント(FA)でブレーブスに入団し、8勝(22敗)を挙げた。24年からは中日に復帰した。日本での通算成績は275試合登板で117勝76敗1セーブ。

「産経WEST」のランキング