産経WEST

【関西プチ遺産】100年近くたっても現役「小田井用水 龍之渡井」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西プチ遺産】
100年近くたっても現役「小田井用水 龍之渡井」

葛城山脈からの水を引き込む小田井用水。現在でも立派な現役だ 葛城山脈からの水を引き込む小田井用水。現在でも立派な現役だ

 大阪と和歌山の府県境となる葛城山脈(和泉山脈)の南側山裾(やますそ)沿い、紀の川右岸は水田地帯となっている。眼下には紀の川が流れているが、水は高きより低きに流れるので、水田を営むためには、その水田より高いところから水を引き入れなくては(落とさなくては)ならない。

 葛城山脈の南側斜面には何本かの細い流れがあるが、常に水不足に悩まされていた。土地はありながら、水不足のため十分な水田経営ができない状態を打開しようとしたのは江戸時代の半ばだった。宝永4(1707)年、紀州藩主・徳川吉宗の命を受けた大畑才蔵(おおはたさいぞう)は、葛城山脈の山裾沿いに、現在の和歌山県橋本市から岩出市に至る33キロにおよぶ水路を開削し、紀の川の流れを今の橋本市高野口町で堰(せき)止め、この水路に水を落とした。山裾に水路が通ったことによって、水路より下位にある耕地に水が供給され、今日見られる水田地帯となった。

 水路は葛城山脈から流れ出た川、谷を越えなければならない。最も大きかった谷がここ穴伏川(あなぶしがわ)。大畑才蔵の時代には、川幅18メートルの両岸の岩盤を支えにして、木製の懸樋(かけひ)=水路橋=が渡された。木製の水路であったため、大雨による被害もしばしばあり、大正8(1919)年に煉瓦(れんが)・石張り造のアーチ式の橋に改修され、今日に至っている。

 煉瓦の建物・構造物というと現役引退でレトロというイメージであるが、龍之渡井は今日も水が流れ、活躍中である。(伊藤純・大阪歴史博物館)

「産経WEST」のランキング