産経WEST

がん細胞 肝転移の目印特定 鳥取大「予防・治療に有効」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


がん細胞 肝転移の目印特定 鳥取大「予防・治療に有効」

 チームはマウスを使った実験で、肝転移しやすいがん細胞を作製。すると、がん細胞でAmigo2が増加することが分かった。さらにその増減によって、肝転移するがん細胞の数も増減することを突き止めた。

 実際に胃がんや大腸がんの患者を調べると、元々のがん組織よりも肝転移したがん組織の方にAmigo2が多く、チームは、Amigo2が増加した結果、がん細胞が肝転移しやすくなったとみて、さらに調べる。

 Amigo2は、がん細胞を肝臓の血管に接着しやすくする働きを持つため、転移を促進すると考えられるとしている。

「産経WEST」のランキング