産経WEST

えっ 退職金が1900万円から22円に! 愛媛・伊予市長の削減案可決

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


えっ 退職金が1900万円から22円に! 愛媛・伊予市長の削減案可決

 愛媛県伊予市議会定例会で17日、武智邦典市長が提案した市長の退職手当を約1900万円から22円に削減する条例が可決された。初当選時の公約を実行したことになる。

 市長の退職金額は基準日の給料月額(86万5千円)に勤続期間(48カ月)と市長区分割合(100分の46)を乗算して決定。基準日(任期満了となる4月23日)の給料を1円にする条例改正の施行により、22円となる。

 退職手当は同市から県市町総合事務組合に積み立てられている。退職手当を受け取らないのは手続きが難しいとして、市特別職の職員の給料の特例を設け、市長の退職手当のみを限りなくゼロに近づけた。

 武智市長は、4月16日に投開票される同市長選に再選を目指して立候補する。

「産経WEST」のランキング