産経WEST

【センバツ】清宮だけじゃない! 強打者揃いの春 打撃戦に注目

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【センバツ】
清宮だけじゃない! 強打者揃いの春 打撃戦に注目

 「東の清宮」と並び称される「西の安田」こと履正社(大阪)の安田尚憲(3年)も注目の左の強打者だ。188センチ、95キロとプロ選手の中に入っても見劣りしない堂々たる体格の持ち主。昨夏の甲子園では4番を務めたが12打数4安打、本塁打なしに終わった。今大会は「去年の夏に打てなかった分、本塁打を打ちたい」と華々しい活躍を狙う。

 日大三(東京)の金成麗生(かなりれお)(3年)も活躍が楽しみな大型野手だ。父が米国人で身長193センチは大会参加の選手の中で最も大きく、あだ名は「デカプリオ」。背筋力は300キロと超高校級のパワーを誇る。もともとは投手だったが、昨年夏に野手転向。昨秋の東京大会ではチーム最多の14打点をたたき出し、主軸にのし上がった。

 連覇を狙う智弁学園(奈良)の福元悠真(3年)の打撃能力も見逃せない。優勝した昨春の前回大会では4番を務め、2回戦の鹿児島実戦で2ランを放って力を示した。今回は俊足を生かして1番打者を担い、さらに主将としてチームを引っ張る。

続きを読む

このニュースの写真

  • 清宮だけじゃない! 強打者揃いの春 打撃戦に注目

「産経WEST」のランキング