産経WEST

世界遺産「春日山原始林」もピンチ…奈良県で昨年のナラ枯れ被害、全国最大規模に

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


世界遺産「春日山原始林」もピンチ…奈良県で昨年のナラ枯れ被害、全国最大規模に

 国特別天然記念物で世界遺産の「春日山原始林」(奈良市)で、ミズナラやコナラなど主にナラ類の樹木が枯れる「ナラ枯れ」の被害が広がっていることが18日、奈良県への取材で分かった。同県内のナラ枯れ被害は昨年、全国最大の1万7900立方メートル(速報値)に上ったことが判明。「被害のピークはこれから迎える」(県担当者)ものの、有効な手立てはなく、関係者は対応に苦慮している。

 県森林整備課によると、県内でのナラ枯れは平成22年8月、奈良市内の森林で初めて確認された。この年の規模は200立方メートルだったが、28年は前年の約5倍、全国で最大規模の1万7900立方メートルにまで拡大した。

 被害地域は年々南下しており、昨年は奈良市のほか生駒市や大和郡山市などで深刻化。一方で、奈良市東部の山並みに約250ヘクタール広がり、東大寺などと併せ世界遺産「古都奈良の文化財」の重要な構成要件である春日山原始林での被害も増えているという。

 ナラ枯れは22年に30都府県で計32万5千立方メートルの被害が確認されたのをピークに減少傾向にあり、昨年は7万6千立方メートル(速報値)にまで減った。だが、奈良県では「これから被害のピークを迎える」(県担当者)とみられている。

続きを読む

このニュースの写真

  • 世界遺産「春日山原始林」もピンチ…奈良県で昨年のナラ枯れ被害、全国最大規模に

「産経WEST」のランキング