産経WEST

今月続いた日向灘地震、南海トラフ地震の前兆かの声 地震研究者ら

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


今月続いた日向灘地震、南海トラフ地震の前兆かの声 地震研究者ら

 江戸時代の宝永地震(1707年)はマグニチュード(M)9だった東日本大震災級の南海トラフ地震だったという研究がある。

 宝永以外のいくつかの南海トラフ地震はM8級で、東海沖から四国沖であったとみられている。これらに比べ、宝永が大きかったのは、高知沖よりさらに西側の海域で起きる日向灘地震が連動したからではないかという見方がある。

 日向灘地震の震源域の大分県佐伯市の龍神池の堆積物から、宝永の際に発生した津波によると考えられる砂層が確認されている。

 日向灘地震は活発で、今月2日に最大震度4の地震が起きたように、毎年1回は震度4の揺れを記録する地震が起きている。これらの地震はM5級だが、ときおりM7級の地震がある。その場合、震源域周辺の九州や四国の陸地では相応の被害が発生している。

 M7級といっても被害パターンは2通りあり、M7・5を超えると、津波による被害が顕著だ。こうした歴史を反映し、政府の30年以内の地震発生確率は「M7・6級」と「M7・1級」を示している。

続きを読む

このニュースの写真

  • 今月続いた日向灘地震、南海トラフ地震の前兆かの声 地震研究者ら
  • 今月続いた日向灘地震、南海トラフ地震の前兆かの声 地震研究者ら

「産経WEST」のランキング