産経WEST

【私の時間 シネマ】特殊能力で社会を変える 映画「サクラダリセット」主演、野村周平

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【私の時間 シネマ】
特殊能力で社会を変える 映画「サクラダリセット」主演、野村周平

 「僕たちの世代が、今の社会を新しい社会へと変えていかなければならないと自覚しています」

 25日公開の映画「サクラダリセット」(前篇)では、超能力を持った高校生たちが次の社会をよくしたいと力を合わせる。主演の野村周平は、映画で演じた役柄同様、こんな覚悟を口にした。

 咲良田(さくらだ)市には特殊能力を持つ市民が多くいた。その能力は公的機関「管理局」によって監視・制御されている。高校生のケイ(野村)は見聞きしたことをすべて覚える「記憶保持」の能力を、同級生の美空(黒島結菜)は時間を最大3日分、巻き戻すことができる「リセット」の能力を持っていた。2人は力を合わせて街を守っていたが…。

 原作は作家、河野裕さんの同名の人気小説シリーズ。出演依頼を受けたとき、「単なる若者の恋愛映画ではなかったので興味を持ったんです。特に特殊能力を持つというキャラクターにひかれました」と野村は言う。

 映画では、ケイの記憶保持の能力と美空のリセットの能力を合わせ、何度も街全体の時間を巻き戻し、歴史を変えていく。

 「現場では何度も何度も違うカットを撮影するのですが、それらが結局、すべて同じ日の出来事だったり…。そんな非現実的な物語での役は初めてだったので最初は戸惑いましたね」と笑った。

続きを読む

このニュースの写真

  • 特殊能力で社会を変える 映画「サクラダリセット」主演、野村周平
  • 特殊能力で社会を変える 映画「サクラダリセット」主演、野村周平

「産経WEST」のランキング