産経WEST

【なでしこ】「勝ち切る力」で4季ぶりV狙うINAC神戸 地元の弓弦羽神社で必勝祈願

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【なでしこ】
「勝ち切る力」で4季ぶりV狙うINAC神戸 地元の弓弦羽神社で必勝祈願

平成25年以来のリーグ優勝に誓いを立てたINAC神戸の選手ら=神戸市東灘区の弓弦羽神社 平成25年以来のリーグ優勝に誓いを立てたINAC神戸の選手ら=神戸市東灘区の弓弦羽神社

 サッカー女子のプレナスなでしこリーグの今季開幕を今月下旬に控え、INAC神戸が17日、神戸市東灘区の弓弦羽神社で必勝を祈願し、2013年以来のリーグ優勝の誓いを立てた。

 境内には、日本サッカー協会のシンボルでもある「八咫烏(やたがらす)」のモチーフが飾られている。同神社は他にもスポーツと縁があり、フィギュアスケート男子のエース、羽生結弦と名前が似ていることからフィギュアファンの間でもその名が知られている。

 この日、神社を訪れたINAC神戸のチームは、就任3季目を迎えた松田岳夫監督や主将の高瀬愛実らが神事を受けた後、選手たちが思い思いの願いを絵馬にしたためた。

 高瀬は「優勝のためには、(好不調の)波をなくすこと。個人としてはシーズンを通して試合に出ることを意識したい」と意気込みを語った。

 「リーグ優勝」と絵馬に書いた日本代表DFの鮫島彩は「守備面で失点を減らすことが大事。3人目の動きや崩しを工夫し、90分間で勝ち切る力を付けていきたい」と自らのプレーにさらなる磨きをかけることを誓った。

 なでしこリーグは26日に開幕する。INAC神戸はホーム開催の開幕戦で、昨季の2部王者ノジマステラ神奈川相模原を迎え撃つ。

「産経WEST」のランキング