産経WEST

孫の手使って女性暴行死 男に懲役5年 鹿児島地裁

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


孫の手使って女性暴行死 男に懲役5年 鹿児島地裁

 鹿児島県伊佐市の住宅で昨年、同居の無職、奥園清子さん=当時(67)=を暴行して死なせたとして、傷害致死罪に問われた住所不定、無職、田渕貢被告(67)の裁判員裁判で、鹿児島地裁は17日、懲役5年(求刑懲役6年)の判決を言い渡した。

 判決理由で冨田敦史裁判長は「連日のように執拗かつ一方的に強い暴行を加えており、危険性や悪質性が高い」と述べた。文句を言う被害者を思い通りにさせたいといった動機に「同情の余地は乏しい」と指摘した。

 事件当時、認知症の影響で心神耗弱状態だったと認めたが、執行猶予付き判決を求めた弁護側の主張は退けた。

 判決によると、昨年2月から3月9日までの間、奥園さんの全身を孫の手で多数回殴るなどし、全身打撲による外傷性ショックで死亡させた。

「産経WEST」のランキング