産経WEST

【関西の議論】大修理バブル陰りで姫路城「次の一手」 ターゲットは自転車好きの西洋人観光客

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【関西の議論】
大修理バブル陰りで姫路城「次の一手」 ターゲットは自転車好きの西洋人観光客

兵庫県姫路市内で行われたサイクリングコースの検証(神姫バス提供) 兵庫県姫路市内で行われたサイクリングコースの検証(神姫バス提供)

 年間200万人近い観光客を集める世界遺産・姫路城(兵庫県姫路市)。「平成の大修理」を経て約2年前にリニューアルオープンした当初の〝入城者バブル〟にやや陰りが見え始めている。そこで姫路市は、播州地域に散在する観光スポットにまでエリアを広げて誘客を目指す「姫路城プラスワン」と銘打った広域観光プロジェクトに乗り出した。観光客の流れを城の外へ波及させる構想だ。カギを握るのは「バス」と「自転車」という2つのアイテムらしいが、果たして正否は…。(荒木利宏)

「ラストサムライ」ロケ地を試験走行

 姫路市北部の集落に2月18日、自転車にまたがる市職員や自転車専門店の関係者、地元サイクリストら約20人が集結した。

 目的地は同市の観光スポットの一つで、トム・クルーズ主演の米ハリウッド映画「ラストサムライ」やNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」などのロケ地にもなった円教寺がある書写山だ。

 参加者たちは、市が設定したサイクリングコースで自転車を走らせた。観光客が自転車で観光スポットを巡るコースとしてふさわしいかどうかを確認する試験走行で、安全性や途中にある観光スポットを確認して回った。

 沿線には地元の酒蔵や足湯を楽しめる温泉があり、参加者からは「これなら観光客も楽しめるのではないか」との意見が出た一方、「道の分岐点に案内表示が少ないので迷ってしまうのでは」と、整備の必要性を指摘する声も上がった。

 3月には、明治時代に整備された産業道路とされる「銀の馬車道」のルートにあたる兵庫県の朝来市と神河町を結ぶコースや、宍粟市内を周遊するコースでも検証した。

続きを読む

このニュースの写真

  • 大修理バブル陰りで姫路城「次の一手」 ターゲットは自転車好きの西洋人観光客
  • 大修理バブル陰りで姫路城「次の一手」 ターゲットは自転車好きの西洋人観光客
  • 大修理バブル陰りで姫路城「次の一手」 ターゲットは自転車好きの西洋人観光客

「産経WEST」のランキング