産経WEST

幕末の志士・中岡慎太郎の手紙発見 偽名に合わせ筆跡使い分け…用心深い性格示す史料 高知

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


幕末の志士・中岡慎太郎の手紙発見 偽名に合わせ筆跡使い分け…用心深い性格示す史料 高知

新たに見つかった中岡慎太郎の手紙。偽名だけでなく、筆跡も使い分けていた(中岡慎太郎館提供) 新たに見つかった中岡慎太郎の手紙。偽名だけでなく、筆跡も使い分けていた(中岡慎太郎館提供)

 慶応3(1867)年に坂本龍馬とともに暗殺された幕末の志士、中岡慎太郎の手紙が見つかったと、高知県北川村の中岡慎太郎館が16日、発表した。偽名を使い筆跡も変えており、命を狙われていた慎太郎の用心深い性格を示す貴重な史料という。

 同館が、志士らの書状が貼られた屏風(京都大学附属図書館所蔵)を調べたところ、この中から、慎太郎が使っていた偽名「横山勘蔵」の手紙を確認した。複数の専門家が慎太郎の筆跡と断定した。

 手紙の大きさは縦16センチ、横40センチ。領内への立ち入りが厳しかった長州藩の藩士に対し、「山中」と名乗る志士に通行許可証を発行するよう依頼する内容。暗殺前の慶応2~3年頃に書かれたとみられる。

 慎太郎の偽名の手紙はこれまでに20通以上見つかっている。今回は細長く繊細な文字で記されており、他の手紙とは字の太さなどが異なる。

 慎太郎が偽名に合わせ、筆跡も使い分けていたことがうかがえ、同館の学芸員は「本名をほとんど使わず、厳重に情報管理をしていた慎太郎の慎重な性格が読み取れる」と話す。

 4月29日から同館の企画展で展示する。

「産経WEST」のランキング