産経WEST

舞洲プロジェクトのロゴマーク決定…オリックス、C大阪、エヴェッサ、大阪市が連携

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


舞洲プロジェクトのロゴマーク決定…オリックス、C大阪、エヴェッサ、大阪市が連携

 大阪湾に浮かぶ人工島「舞(まい)洲(しま)」に練習拠点を置く、プロ野球オリックスとサッカーJ1C大阪、Bリーグの大阪エヴェッサと大阪市が連携し、スポーツ振興や地域活性化に取り組む「舞洲プロジェクト」のロゴマークが決まり、16日に発表された。

 野球、サッカー、バスケットボールの3競技の選手が躍動する姿を描いた中心に、舞洲のフォルムが浮かび上がるデザイン。寄せられた315点から最優秀作品に選ばれた。

 吉村洋文市長は「3つのプロスポーツが同じエリアで一体となり、プロジェクトを進めていくのは全国的にも大阪だけ。行政も積極的に関わり、舞洲をスポーツアイランドとして成長させていきたい」と語った。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング