産経WEST

【名曲名盤を聴こう!】超高速で米国“遺産”になった最強メタル…路線変更“前後”味わえる! メタリカ「メタリカ」(1991年)

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【名曲名盤を聴こう!】
超高速で米国“遺産”になった最強メタル…路線変更“前後”味わえる! メタリカ「メタリカ」(1991年)

メタリカのアルバム「メタリカ」(1991年) メタリカのアルバム「メタリカ」(1991年)

 8年ぶり11作目のオリジナルアルバム「ハードワイアード…トゥ・セルフディストラクト」(昨年11月18日発売)が日本を含む全世界で爆発ヒット中の米メタルバンド、メタリカ。

 1981年にロサンゼルスで結成し、その後、サンフランシスコを拠点に活動。83年にデビューアルバム「キル・エム・オール」を発表して以降、米最強のメタルバンドとして大活躍。全世界でのアルバムの総売上枚数が約1億1千万枚という超大物です。

 80年代には米のヴァン・ヘイレンや英のアイアン・メイデンといったメタル勢が欧米では大衆音楽の主流を行くほどの支持を獲得しましたが、中でも異彩を放っていたのが彼らでした。

 ツインギターが奏でる執拗(しつよう)すぎるリフ(繰り返される楽曲の主題)攻撃と疾走感あふれる長尺かつ劇的な展開の楽曲群、そしてドスの効いたジェイムズ・ヘットフィールド(ボーカル兼ギター担当)の歌声とチェーンソーで丸太を切り刻むようなザクザクしたギターサウンドは、従来のメタルにはなかったものでした。

 そんな革新性が受け、3作目のアルバム「メタル・マスター」(86年)で人気バンドになったのですが、ライブを続けるうち、あることに気づきます。

 ステージから客席を見ると、自分たちの最大の売りである超高速の劇的展開で進む長尺の楽曲を多くの観客が退屈そうに聴いていたのです。「これはアカン」と感じた彼らは路線を変更。スピードより重厚感に重きを置いた短めの楽曲を作るようになります。

続きを読む

関連ニュース

「産経WEST」のランキング