産経WEST

【御堂筋暴走】「無罪言い渡すことも考えられる」危険運転否定の1審破棄 大阪高裁控訴審判決

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【御堂筋暴走】
「無罪言い渡すことも考えられる」危険運転否定の1審破棄 大阪高裁控訴審判決

 大阪市中央区の御堂筋で平成26年6月、乗用車が暴走し3人が重軽傷を負った事故で、糖尿病の低血糖症により意識が低下した状態で車を運転したとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)の罪に問われた会社員、宮谷則幸被告(68)の控訴審判決公判が16日、大阪高裁で開かれた。中川博之裁判長は「事案の解明がなされておらず、さらに審理を尽くすべきだ」として1審大阪地裁判決を破棄し、審理を同地裁に差し戻した。

 1審判決は、乗車時に意識障害に陥る具体的な恐れまでは認識できなかったとして危険運転の成立を否定したが、血糖値を十分に確認しない過失があったと判断。同法の過失致傷罪を適用し禁錮1年6月、執行猶予3年を言い渡した。

 これに対し、中川裁判長は、宮谷被告が運転開始前にどら焼きやジュースを摂取していたことから「血糖値はむしろ高い状態だったと考えるのが自然で、意識障害の予見は困難だった」と指摘。過失を認定した1審判決には事実誤認があり「被告に無罪を言い渡すことも考えられる」とした。

 ただ、結果の重大性も踏まえ「過失の有無を争点として、さらに審理を尽くすべきだ」と結論づけた。

 1審判決によると、宮谷被告は26年6月、低血糖症による意識低下状態のまま一方通行を逆走するなどし3人に重軽傷を負わせた。

「産経WEST」のランキング