産経WEST

【春闘】パナ1000円、シャープは…4年連続「ベア」も前年割れ相次ぐ 背景に世界経済の不透明感

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【春闘】
パナ1000円、シャープは…4年連続「ベア」も前年割れ相次ぐ 背景に世界経済の不透明感

集中回答日を迎え、ボードに各社の回答を書き込む担当者=15日、東京都中央区(川口良介撮影) 集中回答日を迎え、ボードに各社の回答を書き込む担当者=15日、東京都中央区(川口良介撮影)

 平成29年春闘は15日、自動車や電機など主要企業の集中回答日を迎えた。多くの企業が従業員の基本給を一律に引き上げるベースアップ(ベア)を4年連続で実施するが、前年実績を下回る回答が相次いだ。英国の欧州連合(EU)離脱や米トランプ政権の保護主義的な政策など、世界経済の不透明感が強まる中、経営側は恒常的な人件費の増加につながるベアに、慎重な姿勢を崩さなかった。

■トヨタ“子供手当”増額…東芝とシャープは離脱

 自動車、電機などの労働組合で構成する金属労協本部(東京都中央区)では、午前10時ごろから、各社の労働組合から回答状況が報告され、担当者がその内容をホワイトボードに次々と書き込んだ。

 製造業を代表するトヨタ自動車は、ベア月額1300円を回答し、前年の1500円を下回った。ただ、ベアとは別に子供がいる家族への手当てを1100円増額し、全体の賃金改善は2400円と、事実上、前年実績を上回った。

 当初経営側はベアについて「昨年の水準には遠く及ばない」と厳しい姿勢をみせていた。だが、春闘相場のリーダー役として、産業界に賃上げを求める安倍晋三政権への配慮のほか、社会的な責任を果たす狙いがあったものとみられる。

 自動車では、ホンダが前年実績を500円を上回るベア1600円を回答したほか、日産自動車は前年実績の半分となる1500円を回答した。

続きを読む

関連トピックス

関連ニュース

「産経WEST」のランキング