産経WEST

成長率99%、iPSで血管内皮細胞 京大CiRA山下教授「高収量、重要な成果」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


成長率99%、iPSで血管内皮細胞 京大CiRA山下教授「高収量、重要な成果」

iPS細胞から効率的に血管内皮細胞を作る流れ iPS細胞から効率的に血管内皮細胞を作る流れ

 ヒト由来の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から血管内部の「血管内皮細胞」を効率的に作製する技術を開発したと、京都大iPS細胞研究所(CiRA(サイラ))の山下潤教授らの研究チームが、13日付の米オンライン科学誌「プロスワン」で発表した。血管内皮細胞を使ったiPS細胞由来の臓器作製や、血管の病気を治療する創薬の研究などが進めやすくなることが期待されている。

 研究チームによると、iPS細胞に刺激を与えて血管内皮細胞へ分化させる作業過程で、刺激を与えて5~6日目でも分化への反応がない細胞を取り除くと、残った細胞の約99%が血管内皮細胞へ成長した。従来の作業では、この反応がない細胞を取り除いておらず、血管内皮細胞に成長するのは最大で約70%にとどまっていた。

 山下教授は「iPS細胞1個から血管内皮細胞を11個など、高収量で作製できた。臓器には血管が必要であり、iPS由来の臓器をつくる上で今回の成果は重要」と話している。

続きを読む

「産経WEST」のランキング