産経WEST

災害の危険→スマホにプッシュ通知 大津市が「防災アプリ」を製作

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


災害の危険→スマホにプッシュ通知 大津市が「防災アプリ」を製作

大津市が公開をはじめた防災アプリ「大津市防災ナビ」 大津市が公開をはじめた防災アプリ「大津市防災ナビ」

 災害発生時、大津市民や市内へ通勤、通学している人に迅速かつ正確な情報を伝えようと、大津市が無料の防災アプリ「大津市防災ナビ」を製作し、市のホームページなどで公開を始めた。アプリをスマートフォンにダウンロードしておくと、緊急地震速報や、豪雨災害などで避難情報が出された場合、さらに土砂災害の危険性が高いときにも、プッシュ通知機能によって注意するよう情報が伝えられるという。

 市によると、土砂災害にまで範囲を広げ、プッシュ通知機能を導入するのは全国で初めて。また防災、減災に特化した防災アプリの製作も、県内自治体では初めての取り組みという。

 スマートフォンが普及していることや、以前、夜間に大雨が降った際の情報伝達に課題があったことなどを踏まえ、災害情報を分かりやすく正確に伝えようとアプリの製作を企画。大津市は南北に長く、北部には比良山系など山間部を抱えているため、土砂災害の警戒区域が広いこともあり、土砂災害情報の発信にも力を入れたという。

続きを読む

関連トピックス

「産経WEST」のランキング