産経WEST

シャープ、賞与は最大8カ月分支給 「信賞必罰」8倍格差、最少は1カ月分

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


シャープ、賞与は最大8カ月分支給 「信賞必罰」8倍格差、最少は1カ月分

シャープの戴正呉社長 シャープの戴正呉社長

 経営再建中のシャープの戴(たい)正呉(せいご)社長は13日、堺市の本社で記者会見し、平成29年度の年間一時金(賞与)について、平均4カ月分を支給することを明らかにした。業績への貢献に応じ、8~1カ月分を支給する。28年度の平均2カ月分から増額となるが、個々の支給額にメリハリをつけて「信賞必罰」を明確にする。

 さらに、業績やブランド価値向上に特別な貢献をした社員に対しては「社長特別賞」を給与、年間一時金に加えて支給するという。

 シャープの労働組合は今春闘で、傘下入りした台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業との協業で業績が改善傾向にあることなどを考慮し、年間一時金を4カ月分求める要求書を経営側に提出していた。

 また、戴社長は優秀な若手人材の確保に向け、30年4月入社の採用者数を、29年4月入社比で倍増させる考えを表明した。優秀な新入社員なら、入社半年後に大幅な給与の引き上げを行うなど、若手社員の活躍を後押しするための等級・給与制度の改革に取り組む。

このニュースの写真

  • シャープ、賞与は最大8カ月分支給 「信賞必罰」8倍格差、最少は1カ月分

関連ニュース

「産経WEST」のランキング