産経WEST

【森友学園問題】籠池氏、一転して府議会招致に応じない意向 「今は控えた方がいい時期」

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【森友学園問題】
籠池氏、一転して府議会招致に応じない意向 「今は控えた方がいい時期」

森友学園の籠池前理事長 森友学園の籠池前理事長

 学校法人「森友学園」(大阪市)が開校を目指していた小学校の設置認可をめぐり、大阪府議会の参考人招致に応じる意向を示していた学園の籠池(かごいけ)泰典理事長は13日、一転して応じない意向を示した。招致を求めていた自民党府議団の杉本太平幹事長が、籠池氏から「今は控えた方がいい時期」と連絡を受けたと明らかにした。

 自民府議団によると、籠池氏はこれまで、招致が決まれば応じる意向を示していたという。自民府議団は議運などで各会派の合意が得られれば、17日か23日に本会議を開いて、籠池氏を招致したい考えだった。

 一方、府私学審議会の梶田叡一会長の参考人招致に向け、自民党府議団は13日、議会運営委員会理事会を開催するよう今井豊議長に申し入れた。各会派が合意すれば、梶田氏については17日か23日の招致を目指す。

 私学審は平成27年1月、小学校設置について財務状況を報告することなどを条件に「認可適当」と答申しており、自民府議団は当時の判断の経緯を確認したいとしている。

 一方、財務省の佐川宣寿理財局長は13日の参院予算委員会で、学園に払い下げた国有地をめぐり、「国として土地の返還を求める契約上の権利を行使する旨、近畿財務局から森友学園に伝えた」と述べた。

関連トピックス

「産経WEST」のランキング