産経WEST

【神戸女児殺害】裁判員裁判の1審死刑を破棄し無期懲役判決 大阪高裁

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【神戸女児殺害】
裁判員裁判の1審死刑を破棄し無期懲役判決 大阪高裁

君野康弘被告 君野康弘被告

 神戸市長田区で平成26年9月、小学1年の女児=当時(6)=を殺害したとして殺人や死体損壊・遺棄、わいせつ目的誘拐の罪に問われ、1審神戸地裁の裁判員裁判で求刑通り死刑とされた君野康弘被告(50)の控訴審判決公判が10日、大阪高裁で開かれた。樋口裕晃裁判長は1審の死刑判決を破棄し、無期懲役を言い渡した。

 裁判員裁判が始まってから、被害者が1人でも死刑とされた4件目の事件。これまでの3件は被告側が控訴を取り下げた1件を除くと、いずれも控訴審で死刑判決が破棄されており、今回の大阪高裁も同様の結果となった。

 一方、被害者が複数の事件も含めて、裁判員裁判の死刑が破棄されたのは、これで5例目。大阪高裁では前日にも、2人が殺害された心斎橋通り魔事件で、別の裁判長が被告に無期懲役を言い渡した。

 控訴審では1審に続き、わいせつ目的誘拐罪の成否や、死刑適用の可否が争点となっていた。弁護側は、女児と話をしようと自宅に連れて行ったが、わいせつ目的はなかったと主張。「犯行に計画性はなく、過去の判例を踏まえても死刑は重すぎる」と指摘した。

 一方、検察側は犯行前のアダルトサイトの閲覧記録などから性欲を満たすためだったとし、量刑についても「犯行は残虐で、反省もしていない」として極刑が相当だと訴えていた。

 昨年3月の1審判決は、犯行前のアダルトサイトの閲覧記録や遺体の損壊状況から、わいせつ目的誘拐罪の成立を認定。「残虐性が高く、生命軽視の姿勢は甚だしく顕著」として死刑選択が十分許容されると判断していた。

 1、2審判決によると、君野被告は26年9月11日、女児に「絵のモデルになって」と声をかけて自宅に連れ込んだ後、首をロープで絞め包丁で刺して殺害。同14日ごろまでに遺体を包丁で切断、損壊した後、ポリ袋に入れて自宅近くの草むらに遺棄した。

「産経WEST」のランキング