産経WEST

高松運転所で列車が脱線 JR四国、けが人なし

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


高松運転所で列車が脱線 JR四国、けが人なし

 9日午後4時20分ごろ、高松市西町のJR四国の高松運転所構内で、入れ替え作業をしていた列車(1両編成)の進行方向側の4輪が脱線した。乗っていた運転士と作業員の2人にけがはなかった。

 JR四国によると、この列車は同日夜に高徳線の下り普通列車として運行する予定だったが、別の車両を確保した。普通列車1本が16分遅れ、約170人に影響した。

 同社は詳しい原因を調べている。

「産経WEST」のランキング