産経WEST

北陸新幹線とリニア接続「ない」 JR東海、南側ルート延伸で

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


北陸新幹線とリニア接続「ない」 JR東海、南側ルート延伸で

 北陸新幹線の京都-新大阪間の新ルートについて、与党がJR学研都市線の松井山手駅(京都府京田辺市)に接続する「南側ルート」を採用する方針を固めたことを受け、運行事業者のJR西日本の来島達夫社長は8日、大阪市内で開いた定例記者会見で「距離も短く(費用対効果の)数値も(投資に見合う)1を超えている。国において決める議論を見守りたい」と述べ、一定の理解を示した。

 来島社長は昨年示された別の南側ルート案に対しては、距離が長く費用対効果が1を下回っていたことなどから、大阪府北部を経由し、1を超える「北側ルート」が望ましいとの認識を示していた。

 地元の京都府側には松井山手駅で、将来開業するリニア中央新幹線との接続を期待する声がある。ただ、国の整備計画ではリニア中央新幹線は「奈良市付近」を経由することになっている。リニアを営業するJR東海の柘植)康英(つげ・こうえい)社長は同日、大阪市内で開かれた会合で「(松井山手駅は)奈良市付近から、少し離れているのではないか。今の時点で駅について意識することはない」などと述べ、リニアとの接続については否定的な考えを示した。

▼【関連ニュース】あの議員「JR反対する理由はない」…けいはんな学研都市に近い「南ルート」全通29年後

「産経WEST」のランキング