産経WEST

ホテルで死亡女性の腕に注射痕、薬物使用の疑い 名古屋

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


ホテルで死亡女性の腕に注射痕、薬物使用の疑い 名古屋

 名古屋市瑞穂区のホテルの一室で、遺体で見つかった岐阜県安八町の女性(21)の腕にあった殴られたような痕は注射痕だったことが9日、捜査関係者への取材で分かった。薬物を使用していた疑いがあるという。愛知県警瑞穂署は司法解剖して詳しく調べるとともに、先に部屋から出た男性の行方を追っている。

 瑞穂署によると女性は8日午後1時ごろ、室内のベッドで倒れているのを清掃のため入室した従業員が発見し通報。その場で死亡が確認された。

 発見時には部屋はチェックアウトされ、一緒にいた男性は既に退室していた。同署は男性がホテルから離れた経緯も調べる方針。

「産経WEST」のランキング