産経WEST

【心斎橋通り魔】2審は死刑破棄、無期懲役 大阪高裁判決

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新

【心斎橋通り魔】
2審は死刑破棄、無期懲役 大阪高裁判決

 礒飛京三被告  礒飛京三被告

 大阪・心斎橋の路上で平成24年6月、通行人の男女2人を無差別に刺殺したとして殺人罪などに問われ、1審大阪地裁の裁判員裁判で求刑通り死刑を言い渡された無職、礒飛(いそひ)京三被告(41)の控訴審判決公判が9日、大阪高裁で開かれた。中川博之裁判長は1審の死刑判決を破棄し、無期懲役を言い渡した。

 犯行当時の礒飛被告の精神状態が争点だった。平成27年6月の1審判決は、礒飛被告に覚醒剤使用の後遺症による幻聴があったとしながらも、影響は限定的だったとして完全責任能力を認定した。控訴審で弁護側は「犯行時は心神耗弱状態だった」として死刑回避を訴えていた。

 1審判決によると、礒飛被告は24年6月10日午後1時ごろ、大阪市中央区東心斎橋の路上で、音楽プロデューサーの南野信吾さん=当時(42)=を包丁で刺して殺害。近くにいた飲食店経営、佐々木トシさん=同(66)=も刺殺した。

「産経WEST」のランキング