産経WEST

温浴施設の電源を無断使用→車を充電 共産和歌山県議、書類送検され謝罪

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


温浴施設の電源を無断使用→車を充電 共産和歌山県議、書類送検され謝罪

ハイブリッドカーを無断で充電し窃盗未遂容疑で書類送検され、記者会見する共産党の松坂英樹和歌山県議=7日午後、和歌山県庁 ハイブリッドカーを無断で充電し窃盗未遂容疑で書類送検され、記者会見する共産党の松坂英樹和歌山県議=7日午後、和歌山県庁

 共産党の松坂英樹和歌山県議(55)は7日、同県広川町の「ほたるの湯」の駐車場で、電源を無断使用しハイブリッドカーを充電したとして、和歌山県警湯浅署から窃盗未遂の疑いで書類送検されたと明らかにした。松坂県議は和歌山市内で記者会見し「申し訳ない。県民におわびしたい」と謝罪した。

禁止の張り紙「気づかず」…ブレーカー落ち、明かり消え発覚

 松坂県議によると、2月12日午後6時半ごろ、妻と入浴に訪れた際、延長コードを使って車に充電。ブレーカーが落ち、駐車場の自動販売機やイルミネーションの明かりが消えたという。

 松坂県議は「1年半ほど前に訪れた際には断りを入れて充電したが、今回は無断で使ってしまった」と釈明。今回、駐車場には車への充電を禁止する張り紙があったが、気付かなかったと説明した。

 窃盗ではなく窃盗未遂での書類送検となった理由について、松坂県議は「県警の事情聴取では被害額などの算定ができないためだと聞いている」と話した。

「産経WEST」のランキング