産経WEST

シェアーザ使い音楽ファイル無断公開…容疑で奈良の55歳男を書類送検

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


シェアーザ使い音楽ファイル無断公開…容疑で奈良の55歳男を書類送検

 ファイル共有ソフト「Shareaza(シェアーザ)」を利用し、音楽ファイルを無断でインターネット上に公開したとして、和歌山県警は、著作権法違反(公衆送信権の侵害)の疑いで奈良県五條市に住む農業の男(55)を書類送検した。2月20日付。

 送検容疑は昨年11月16日、日本音楽著作権協会(JASRAC)の許諾を得ずに、シェアーザを使って音楽ファイル3点を自宅のパソコンにダウンロードし、ネット上に公開したとしている。

 和歌山県警のサイバーパトロールで発覚。JASRACが今年2月1日、シェアーザ利用者としては初めて、同法違反容疑で告訴していた。

「産経WEST」のランキング