産経WEST

「カレーを食べに行ったら店が閉まっていた」キレて1月2日未明に放火 16歳少年を逮捕

産経WEST 産経WEST

記事詳細

更新


「カレーを食べに行ったら店が閉まっていた」キレて1月2日未明に放火 16歳少年を逮捕

 大阪府東大阪市で1月初め、不審火が4件相次ぎ、うち2件に関与したとして大阪府警捜査1課は7日、現住建造物等放火未遂容疑などで府内のアルバイトの少年(16)を逮捕した。1件については「カレーを食べに行ったら店が閉まっていたので、腹が立ってライターで火を付けた」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は1月2日未明、東大阪市下六万寺町の自動車販売店で、路上ののぼり旗に放火。約10分後には約200メートル南の飲食店倉庫に放火して一部焼損させ、隣接する民家も燃やそうとしたとしている。けが人はなかった。

 同課によると、同日未明には、ほかにもマンションの自転車やごみが燃える不審火が2件発生。いずれの現場の防犯カメラにも少年と特徴の一致する人物が写っていたという。

関連ニュース

「産経WEST」のランキング